乳腺・内視鏡・人間ドック・外科/内科

県内唯一のリンパ浮腫治療専門施設

胃・大腸内視鏡
Endoscope

胃の内視鏡検査

細径スコープをご存知ですか?

経鼻・経口で胃カメラを実施しています。

しおじまクリニック従来のスコープの半分以下の太さですので、苦痛を最小限にすることができました!!

口からはもちろんのこと、鼻からも行うことができます。ご自分の検査はモニターでご覧になれます。

胃カメラで苦労された方は、ぜひこの細径スコープで検査を受けることをお勧めします。

 

胃内視鏡検査について
  • 胃の症状のある方はもちろんのこと、市の胃がん検診(個別検診)、人間ドックなど受付しています。
  • のど(または鼻の中)の麻酔でゼリー状の麻酔薬(キシロカインといいます)を使用します。この麻酔薬にアレルギーのある方(たとえば、歯医者さんで麻酔の注射を受けたとき、気持ち悪くなったり意識がわからなくなったなど)は、検査が行えませんのでご注意ください。

 

胃内視鏡検査を希望される方へ…必ずご確認ください
  • 心臓・肺・腎臓・肝臓などのご病気のある方は事前の診察が必要となります。
  • 当院を初めて受診される方、また、初めて胃カメラを受ける方は、事前の診察が必要なことがあります。
  • 抗凝固剤(血液をサラサラにする、固まりにくくする薬)を服用中の方は、口からの内視鏡となります(鼻からの内視鏡はできません)。
    また、生検(顕微鏡での診断が必要と判断した場合に粘膜から組織を採って調べること)はできません。
  • 検査中にまれに出血や穿孔(食道・胃・十二指腸に穴をあける)などの合併症をおこす可能性があります。
  • お薬を服用されている方はこちらをご覧ください。

大腸の内視鏡検査

大腸がん検診について

大腸がんは男女共に罹患率2位の疾患です。

しおじまクリニック便潜血検査は、症状がない健康な人から、精密検査が必要な人を選び出すためには、最も有効で負担のない検査法です。

大腸内視鏡検査は、がんやポリープに対する診断率が高いことが特徴です。
比較的高度な技術を必要とする検査であり、まれに出血や穿孔(腸に穴をあける)などの合併症を起こす可能性があります。

 

大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)について
  • 大腸を全て(直腸~盲腸まで)観察する検査です。
  • 大腸がんの早期発見には一番有力な検査方法です。
  • あらかじめ2リットルの下剤の服用が必要となります。

>> 大腸検査前の下剤・食事について

>> 普段から便秘気味の方へ

 

大腸内視鏡検査を希望される方へ…必ずご確認ください
  • 次のような方は必ず診察を受けてください。
    ・ご高齢の方(70歳以上)
    ・心臓・肺・腎臓・肝臓などのご病気のある方
    ・血便、嘔気(嘔吐)、腹痛などの症状のある方
    ・今までに腸閉塞(イレウス)を起こしたことのある方
  • 毎日排便のない方は事前に排便を促す必要があります。
    特に便秘のひどい方(3~4日以上かかって排便が1回あるような方)は検査日より1週間以上前に来院していただく必要があります。
    (1週間以内の予約ですと、予約日に検査できないことがありますのでご注意ください)
    詳しくはこちらをご覧ください。
  • 内視鏡検査にポリープを切除するなどの処置は当院では行っておりません。
    (切除が必要なポリープが認められた場合は病院などに紹介となります)
  • 当院では、麻酔薬や鎮静剤を使用しないで検査を行っております。
    (麻酔薬や鎮静剤の使用を希望される場合は病院などに紹介となります)
  • 検査中にまれに出血や穿孔(大腸に穴をあける)などの合併症を起こす可能性があります。
  • お薬を服用されている方はこちらをご覧ください。

 

苦痛の少ない、体に優しい方法『無送気・直線的挿入法』

苦痛の少ない、体に優しい方法『無送気・直線的挿入法』で大腸内視鏡検査をおこなっています。

 

事前の診察が必要な方

全大腸内視鏡検査では、検査前の前処置(下剤を服用して、大腸をきれいにしておく)が必須となります。

次のような方は、検査前の下剤の服用に際して十分な注意が必要となりますので、必ず事前に来院して診察を受けてください。

 

ご高齢の方(70歳以上)
下剤による頻回の下痢便と水分補給の不足により脱水になりやすく、脳梗塞や心臓発作を起こす危険性があります。

 

心臓・肺・腎臓・肝臓のご病気で、体に負担がかかった場合に重い症状の出やすい方
下剤による頻回の下痢便と水分補給の不足が脱水を引き起こし、体への負担となります。『ご高齢の方』と同じような注意が必要です。とくに、次のような状態の方は注意が必要です。

  • 軽い運動でも息切れがするような方(慢性心不全・慢性の肺の病気の方)
  • 軽い運動でも胸痛がするような方(狭心症の方)
  • 在宅酸素療法を受けている方
  • 心臓ペースメーカーを入れている方
  • 透析治療を受けている方
  • 血小板が低い、食道静脈瘤がある、腹水があるなどの方(肝硬変の方)
 

ひどい便秘で何日も(3日以上)便が出ていない方、血便が出ている方
問題となるのは、

  • 大腸に腫瘍ができていて腸が狭くなり便がそこを通過できず、便が出ないような状態
  • 便が腫瘍に接触した際、腫瘍から出血して毎日のように便に血液が付着している状態(出血が多いときは血液そのものが出ることもあります)

このような場合に大量の液体(下剤)を飲むと、液体が腸に貯まってしまい腸が膨らんで破けてしまったり、腫瘍からの出血がひどくなり大量に出血(下血)することがあります。

 

数日前から嘔気(嘔吐)や腹痛が続いている方
急性胃潰瘍、急性胆のう炎、急性膵炎、急性虫垂炎などの『緊急を要する病気』の可能性がありますのですぐに主治医もしくは救急病院を受診する必要があります。
受診した上で大腸の検査が必要となれば早めに検査を行います。

 

今までに腸閉塞を起こしたことのある方
実際には腸閉塞は腹部の手術を受けた方に多いのですが、術後、腸に癒着が起こるとその部分が少しねじれたりして腸が狭くなることがあります。
このような場合、便が出にくくなったりひどくなると嘔吐したり強い腹痛を訴えたりして入院治療が必要となります(緊急手術をされる方もいます)。 このような既往のある方も大量の液体(下剤)を短時間に飲むと、液体が腸に貯まってしまい腸閉塞を引き起こす可能性があり注意が必要です。

  • 妊娠中の方は原則として、検査はできません。
    (授乳中の方は、検査後24時間は授乳をしないようにしてください)
  • 健康な方でも
    下剤による頻回の下痢による『脱水』や食事ができないことによる『低血糖』のため気分が悪くなることがあります。
    →このような場合は、スポーツドリンクなどの電解質飲料や飴玉などの糖質を補給してください。
    下剤そのものの胃や腸に対する作用により嘔吐・腹痛が起こることもあります。
    →少し下剤服用を中断しても改善しない場合は、必ず連絡するか直接来院してください。

 

大腸検査前の下剤・食事について
 

事前に(検査3日前までに)下剤を取りに来て頂きます。

下剤は粉末状のもので、服用前に2リットルの水で溶かしてゆっくりと(だいたい2時間程度かけて)飲みます。
原則として、検査開始時間の5時間前から下剤を飲みます。

 

食事は検査当日の朝からできません。
検査当日も、透明な飲料(水、スポーツドリンク、お茶、ミルクなしの紅茶・コーヒー)、飴玉はかまいません。

下剤を取りにこられた際、下剤の服用の仕方・食事などについて改めて説明させていただきます。


ふだんから便秘気味の方へ

一週間ほど前に来院されることをおすすめします。

下剤が飲みきれないのではと心配な方は・・・・
前回の検査のときに、便が残っていると言われた方は…

 

事前に診療を行い、下剤を投与し排便を促しておく必要があります。
当日、いきなり 2リットル の下剤を飲むと強い腹膜症状が出たり、まれに腸管穿孔をおこすことがあります。

 

2リットルの下剤が飲みきれないのではと心配な方も、市販の下剤などを3~4日前から服用されることをお勧めします。あらかじめ排便を促しておけば、仮に検査当日の下剤が飲みきれなくても検査が行えることが多いからです。

 

前回の大腸検査の際に、便が多く残っているといわれた方は事前にお申し出ください。当方から下剤を追加した上で検査を受けられることをおすすめします。


検査前の前処置がうまくいきませんと(腸に便が残っておりますと)せっかくの検査も不十分な検査となってしまいます。ぜひご協力くださるようお願いします。

お薬を服用されている方へ

 

血液をサラサラにする、固まりにくくするお薬(下の表)を服用されている方は、内服されているままですと生検検査(病気が疑われた場合に胃や腸の組織の一部を採ってくる)ができません。
内視鏡で観察する事は問題なく施行できます。

従いまして、これらのお薬を内服されている方は、
【1】検査当日は内視鏡で観察のみを行い、もし生検検査が必要な場合は後日検査をやりなおす。
または、
【2】主治医の先生と相談してお薬を検査前にお休みした上で(休薬期間は下表のようにお薬の種類によって異なりますので注意してください)検査を行い、必要な場合は生検検査も当日に行う。
以上のどちらかとなります。

(血液をサラサラにする、固まりにくくする)
お薬の商品名
薬剤名 休薬期間
バイアスピリン、バッファリン81 アスピリン 10日
パナルジン 塩酸チクロピジン 10日
エパデール イコサペント酸エチル 10日
セロクラール イコサペント酸エチル 5日
ペルサンチン、アンギナール ジピリダモール 2日
プレタール シロスタゾール 2日
プロサイリン ベラプロストナトリウム 1 1日
アンプラーグ 塩酸サルボグレラート 1日
オパルモン、プロレナール リマプロストα-デクス 1日
ワーファリン リマプロストα-デクス 3~5日
 

血圧のお薬は、お飲みになって来院してください(検査施行時の血圧が高いと検査できないことがあります)。
食事をとらずとも、血圧のお薬はお飲みになってください。

 

心臓病・糖尿病でお薬や注射など治療を受けている方は、必ず事前に(前日までに)連絡してください。

 

内服されているお薬に関してご不明なことがありましたら、事前に連絡していただけますと当日の検査がスムーズに行えます。下記以外のお薬でも、お薬の種類によっては当日の検査が中止となったり延期する事がありますのでご了承ください。

pagetop